So-net無料ブログ作成
カメラ・野鳥 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

岩槻城址公園のカワセミ 8/6 [カメラ・野鳥]

土曜日は古河市の花火大会を撮影に行って帰宅は22時でした。
その後、花火撮影用にマンフロットの三脚を自由雲台に変えていたので、フルードビデオ雲台に戻し、野鳥撮影用の機材をカメラリュックに詰めてから就寝しました。朝4時起きで、5時過ぎにはいつもの岩槻城址公園に着くようにするためです。

妻に遊びにタフだねと言われても週末の早朝カワセミ撮影が恒例になっています。

月曜日から秋田に一泊で出張なので、日曜日に撮影したカワセミ写真で気に入ったものを予約投稿しておきます。

今回はISO感度を低めに抑えて絞り優先でいくつか撮影してみました。
餌を捕まえた食事中にもかかわらず首の付近を足で毛繕いしている姿がとても可愛い写真です。
食べるのを止めるほどかゆかったのですかね。

kazaguruma-club_1948.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、絞り優先AE、Tv 1/500、Av 5.6、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)
kazaguruma-club_1949.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、絞り優先AE、Tv 1/500、Av 5.6、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

F2.8やF4の大砲レンズだと、絞り優先でもISO感度を上げずに撮影できて、シャッタースピードも速いのでしょうね。
遠くから撮れるだけではなく、綺麗に撮れるというにメリットもありますよね。
最近、F値の小さな大砲レンズに憧れます。もちろんズームレンズでもいいのだけれど。
またf2.8の70-200mmで挑戦してみようかな。

Kazaguruma
(出張中で予約投稿です。)

コメント(2) 

岩槻城址公園のカワセミ 7/29 [カメラ・野鳥]

今秋今週はほとんどブログを更新できませんでした。
会社業務に関わるオンライン講座を履修していたり、EOS学園の鳥の撮影に関するオンライン講座を受講していたりでした。まあ、記事のネタも無かったのですが・・・。

今朝は4時前に起床して5時ちょっと過ぎには岩槻城趾公園にカワセミの撮影に行ってきました。だいたい土曜日の午前中は岩槻というのがこのところのルーチンです。
今日はカメラマンが多かったですね~10名以上おられたでしょうか。
そんな中に混ざって8時までひたすらカワセミを撮っていました。

最初の写真はCanon EOS 5D Mark IVで撮影したカワセミです。テレコンを装着したので開放F8となり、ISO感度を12800にしてようやく撮りました。シャッタースピードを1/2500にするからですね。留まりの画像なので絞り優先で撮れば良かったのですが、野鳥撮影=シャッタースピー優先にしてしまいます。ISO感度をここまであげるとざらつきはありますが、なんとかなりますね。でもCanon EOS 5D Mark IVで高速連写をすると振動がレンズに伝わってきて、やはり野鳥撮影向きの一眼レフではないですね。

kazaguruma-club_1919.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 8.0、ISO 12800、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm、DPP4、トリミング)

やはりCanon EOS 5D Mark IVからいつものCanon EOS 7D Mark IIに付け替えて撮影を続行しましたが、今回は飛翔シーン、ダイブシーンは全滅でした。

「朝の身繕い」 お立ち台(杭)で身繕いするカワセミ

kazaguruma-club_1920.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

「いざ出陣!」 なわばり争いをする兄弟を追いかけるため飛び出すカワセミ

kazaguruma-club_1921.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)


「じゃまなんだけど・・・」 餌取りのための止まり木の先端にトンボが・・・

kazaguruma-club_1922.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 3200、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

「大物ゲット!」 甲殻類を捕まえていつもの止まり木に戻るカワセミ

kazaguruma-club_1923.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 3200、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

「大きな餌は大変」 甲殻類(ザリガニ?)を捕まえたのはいいけど大きすぎて、何度も枝に打ち付けて弱らせ、餌の向きを変えてから丸呑みしたカワセミ

kazaguruma-club_1924.JPG
kazaguruma-club_1925.JPG
kazaguruma-club_1926.JPG
kazaguruma-club_1927.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング

今日はカワセミ撮りの後、早めに自宅に戻って妻の希望で久しぶりに近くのボウリング場にマイボール持参で行きました。道路でころんで足首と手首を捻挫し、膝をひねってしまってから何年(5年?ぐらい)もボウリングしていませんでした。今も左足は正座やあぐらが辛い状態です。

最初は134で、妻に負けるという恥ずかしいスコア。2ゲーム目は投げるバランスが良くなって161。3ゲーム目はもう少しスコアアップする予感はあったのですが、足首と膝に不安を感じたので2ゲームで止めました。妻は以前より体力アップしたため、またやろうよとご満悦でした。1ゲーム目負けた私は妻にお昼をおごる羽目になりました。

足首や膝は無理をしない程度にリハビリしないといけないと思っていますので、またボウリングに行くことになりそうです。

Kazaguruma

コメント(4) 

水鏡 [カメラ・野鳥]

普段、愛車の中ではFlowerの鷲尾伶菜の歌声を聴きながらというのが通常のパターンなのですが、妻には別の曲がいいよと言われていました。そこで、妻からこの人の歌を入れてというリクエストに応えて、ジョッピングモールの歌姫と呼ばれている半崎美子の曲を何曲かダウンロードしました。

それがなかなか良い曲なんですよ。特に「サクラ~卒業できなかった君へ~」という曲が良いです。皆さんも一度聴いてみてください。今日は床屋に行く行き帰り車の中はこの曲のリピートでした。

さて、最近は毎週土曜日に岩槻城址公園に行っている感じです。
この22日(土)も朝6時~9時まで常連さんといっしょにカワセミを撮影してました。

そんな中の1枚です。

kazaguruma-club_1918.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4、トリミング)

まだまだピントが甘いのですが、この水鏡、自分的には「いいね!」でした。

その他の写真もアップしますが、今年生まれたこの若鳥(幼鳥)は雌です。
くちばしの下が赤いので区別できます。下の1枚目写真は留まりで、比較的近くから撮影できたのでピントもあっていました。後の写真はピントが甘いです。申し訳ないです。

kazaguruma-club_1914.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 2500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1915.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 5000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1916.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 6.3、ISO 5000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1917.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 8.0、ISO 5000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4、トリミング)

新宿御苑の母と子の森よりも距離が少しあるので、被写体が小さくなり、ピントをきっちり合わせるのが辛いですね。
秋からは花の撮影も兼ねて新宿御苑に行くつもりですが、あの重たいマンフロットのフルードビデオ雲台+三脚のセット(MVK502C-1)を持ち運ぶことが頭痛の種です。

Kazaguruma

コメント(6) 

岩槻城址公園のカワセミ 7/16 [カメラ・野鳥]

猛暑日が続いてますね。
その影響ではないと思いますが、CanonのA3プリンターが修理依頼が必要というエラー表示が出て使えなくなりました。

A4の複合機も壊れていて買い替えようとしていたので、2台とも使えなくなりました。困りました・・・。

さて、美ヶ原高原で歩き疲れた体をごまかしながら、昨日午前中、岩槻城址公園に行ってきました。最初の1.5時間ほどは来ない場所で待つという無駄な時間を過ごしましたが、噴水のある池の方に移動して常連さん達のカメラの放列を見つけ、カワセミ撮影に参加することができました。

何回か餌取りシーンのチャンスがありましたが、テレコンを付けていた影響かAFが遅く、またピントも甘く苦労しました。
そんなわけでピントがちょっと甘い点ご勘弁ください。飛翔、餌取りシーンに関してはまだまだ調整が必要です。
写真のカワセミは全て今年の若鳥です。親の縄張りを3羽の若鳥で争奪しているようです。

マンフロットのフルードビデオ雲台+三脚のセット(MVK502C-1)もだいぶ使いなれてきました。重いですが、公園までは車なのでその点なんとかなってます。

kazaguruma-club_1894.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 9.0、ISO 5000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 520mm(832mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1895.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 9.0、ISO 1250、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 520mm(832mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1896.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 8.0、ISO 1600、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 520mm(832mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1897.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 8.0、ISO 1600、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 520mm(832mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1898.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 9.0、ISO 2000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 520mm(832mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1899.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 9.0、ISO 2000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 520mm(832mm相当)、DPP4、トリミング) 

コメント(6) 

バンの雛 [カメラ・野鳥]

7月8日に行った古代蓮の里で、去年と同じようにチョウトンボを撮っていたら、観光客の視線が別の所にありました。よく見るとバンの親子がいたのです。親が移動するのにあわせて、雛2羽も追いかけてスイレンの葉の上をヨチヨチ歩きです。あわててチョウトンボにピントを合わせていたカメラをバンに向けたのですが、手ぶれで駄目でした。

その後、親に置いてけぼりをされた雛がいて、親を探す声を張り上げて鳴いてました。その後合流できたかな?

kazaguruma-club_1873.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 5000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4) 

kazaguruma-club_1874.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4) 

kazaguruma-club_1875.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 1000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(560mm相当)、DPP4) “チョウトンボ”

Kazaguruma
(久留米出張中で予約投稿です。)

コメント(4) 

欄干のカワセミ [カメラ・野鳥]

昨日の土曜日は出張疲れで少し朝寝坊してしまい(4時台には起きられませんでした)、遠出ができずに比較的近い岩槻城址公園に再び行ってきました。

7時に着くと常連さんがもう居たので、カワセミのことを聞いたら、今来ていたところとのこと。ちょっと遅かった。

そこで(常連さん達とは)別の場所で待っていると、「八ツ橋」の欄干に留まり、すぐ下にダイブするカワセミが見えました。2度ほどそこに来ていたので、待ち伏せる場所をその近くに変更して撮った写真が欄干のカワセミです。

kazaguruma-club_1852.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 8.0、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm、DPP4、トリミング)

今回は高感度で撮してみたくて5D Mark IVに望遠ズームレンズとテレコンを付けて臨みました。もちろん出現頻度が高ければ、ダイブシーンを撮るつもりで交換用に7D Mark IIも持参していました。

岩槻城址公園の「八ツ橋」のある菖蒲池は、八ツ橋のすぐ左側はスイレンが一杯で、右側には少しスイレンで埋め尽くされていないところがあり、そこにカワセミが餌取りのために飛び込んでいたのです。

常連さんは橋の右側を被うスイレンの先にある被われていない場所の止まり木を目標に待っていて、私は最初、左側を被っているスイレンがまだ届いていない水面にある止まり木を目標に待っていました。カワセミはその真ん中の橋の右直下の水面を目指して飛来したわけで裏をかかれたわけです。この八ツ橋、結構散歩の人達が通るのでどこかで見て待っていたのでしょうか。この先、スイレンがとんどん拡がったら残る水面が狭くなるので、そこに飛来するのでしょうか?それとも噴水のある池なのでしょうか。

kazaguruma-club_1853.JPG

kazaguruma-club_1854.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、絞り優先AE、Tv 1/160、Av 6.3、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 140mm、DPP4)

kazaguruma-club_1855.JPG

上の写真を撮った後はなかなか現れず、出張疲れもあり早々に帰宅しました。

今回も練馬から来た方に話をかけられましたが、その方も自宅近くの用水路でカワセミを見かけて、カワセミの写真撮りに嵌まった方で、今年から始めた方でした。練馬にも有名なカワセミスポットはあるのですが、カワセミとの距離が遠くて人慣れしていないとのことでした。その点、ここは撮りやすいと聞いて来られたようですが、5時半からここに来て噴水の池で待たれていました。しかし、残念ながら撮れずに帰られました。野鳥撮影はどれだけの時間待てるかもポイントですが、どこで待つか、場所もポイントですね。

今回、別の方にも話しかけられ、越谷の花田苑も良いよと教わりました。岩槻よりちょっと遠いのですが、手入れの行き届いた庭園があるようで、興味をそそられました。

でも来週はカワセミではなく、そろそろ蓮の撮影に行きたいと思っています。

Kazaguruma

コメント(4) 

岩槻城址公園のカワセミ [カメラ・野鳥]

久しぶりにカワセミを撮ることが出来ました。
昨日迄の出張疲れも忘れて、朝4時に起きて岩槻城址公園まで行ってきました。
前回10日(土)に会った方から教えてもらった6時前に餌捕りにカワセミが来ていたという情報を元に噴水のある池で5時半から待機していました。
しかし、6時を過ぎてもカワセミは現れず、常連さん達も来ていません。

そんな中、潮来から来た方が昨日は朝7時に八つ橋のある池の方で撮影できたという情報を教えてもらい、その方と橋のある池の方へ・・・。その途中、犬の散歩をされていた方が南平野公園の方で巣立った雛2羽が撮れるので常連さん達はそちらに行っていると教えてくれました。その方も昨日10時頃に撮影された写真を見せてくれました。

10時までは時間があるので、とりあえず昨日撮影できた場所へ潮来から来た方といっしょに向かいました。
朝のラジオ体操が終わって公園内が静かになったその時、「チィー」という甲高い鳴き声がしてカワセミが現れました。しかし待っていた場所とは違う方向へ飛んでいくので、三脚をたたんで慌てて飛んでいった方向へ向かいました。下の写真がその時撮った久しぶりのカワセミです。ん~慌てた分だけちょっとピントが甘い。

kazaguruma-club_1833.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 6.3、ISO 4000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

このカワセミが飛び去った後、潮来から来た方といろいろと話をして待っていると、また甲高い鳴き声が・・・。
しかし飛んでいった方向を見失い、右往左往・・・。近くの別の止まり木にいるのを見つけて二人で連写しました。
今度はまあまあピントも満足です。距離を慎重に測りながら近づいたおかげです。

kazaguruma-club_1834.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 6.3、ISO 4000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)
kazaguruma-club_1835.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 6.3、ISO 4000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

その後、橋のある池の方には現れる様子が無くなったので、潮来から来た方は近くにある妹さんの家に滞在しているが朝ご飯も食べずに出てきて心配しているので帰りますということになり、帰り道にある噴水のある池の方へ行きました。ここには7時頃、私と交代に別の写真愛好家が居たはずなのですが、もう居ませんでした。こちらには来なかったようです。そんなことを話していると、またしても甲高い鳴き声でカワセミが現れました。ここのカワセミは鳴き声がはっきりとわかるほど甲高い鳴き声です。

餌を捕るために何度かダイブしてくれたのですが、久しぶりで追いつかずダイブシーンは全敗でした。新宿御苑と違って飛び込む水面が広すぎて予測できないという辛さがあります。それに早さについていくため少しリハビリ期間が必要みたいです。(笑)

結局9時頃まで噴水のある池でカワセミを撮ってました。その後、常連さん達が橋のある池の方に現れたので、先週情報をくれた方にちょっと挨拶をしてから帰りました。

kazaguruma-club_1836.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 4000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1837.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 2000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1838.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1839.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

カワセミは1枚目は雄のようですが、それ以外は下のくちばしが薄っら赤く雌のようですが、縄張りを考えるとちょっと自身がありません。

ところで、岩槻城址公園の「八つ橋」のある池にはカワセミの止まり木になるような枝が池の縁から1~1.5mぐらいのところに何本か刺さっています。これは常連さん達が人工的に刺したものです。今日も1本折られていたので取り替える作業をしていました。

今日の上から3枚目までの写真はその止まり木のおかげで撮れた写真です。しかし、そういう行為には複雑な気持ちです。一部の撮り鉄の写真愛好家が、撮影の邪魔になる枝を無断で切っていた事件とは比べられませんが、自分達の撮影のためだけにする行為には変わりありません。人工的な止まり木を設置する行為は奥多摩のダム湖のほとりでヤマセミ撮影のためにもなされているという記事を「BIRDER」という雑誌でも読みました。

恩恵を受けた自分自身に対してもちょっと苦みを感じる出来事でした。

また明日から久留米、熊本出張です。

Kazaguruma

コメント(2) 

コアジサシ [カメラ・野鳥]

今日は天気予報ほど天気が良くなくがっかりでした。小雨の中、クレマチスの写真を撮った後、写真の整理をしていたのですが、やはりどこかに出かけたくなり、先週、アオサギを撮った市内の公園にもう一度カワセミを探しに出かけました。

しかし、やはりカワセミを目撃できず・・・。

天気も良くなく気温もあがらないので、帰ろうとした時、コアジサシの数が増えてきて盛んに小魚を捕り始めました。
そこで、ちょっと距離はあるのですが、コアジサシのダイブシーンを撮ることにしました。

kazaguruma-club_1734.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 1600、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1735.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1736.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 6.3、ISO 1000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング)

kazaguruma-club_1737.JPG 
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1738.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 5.6、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1739.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 6.3、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1740.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+1.4X III、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 8.0、ISO 2500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1741.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+1.4X III、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 8.0、ISO 2500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1742.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+1.4X III、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2000、Av 9.0、ISO 2500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4、トリミング) 

5~6羽のコアジサシが小魚を捕るために代わる代わる飛び込んでくれましたので撮影チャンスはたくさんあり、いろいろなシーンを撮ることができ楽しめました。しかし、対象までの距離が遠いとやはりピントが甘いですね。でもフレーム内に収めることは照準器とフルードビデオ雲台のおかげで難なくできるようになりました。後は数打って当てるしか無さそうですね。それにしてもカワセミに出会えないなあ~。

今日はコアジサシを撮っているときに、野鳥撮影用の機材をそれぞれ持ったご夫婦に会いました。ともにフルードビデオ雲台で、ご主人の方は500mmの単焦点レンズ、奥様の方はたぶん300mmの単焦点レンズのようでした。話をお聞きすると同じ市内の方で、隣の地区に住むご夫婦でした。カワセミに関する情報も教えて頂きましたが、今日行った公園でカワセミを撮れそうなのはやはり冬ですね。

Kazaguruma

コメント(6) 

近くのT公園のアオサギ 2 [カメラ・野鳥]

5月21日伊奈町のバラ園に行く前、朝の5時過ぎから再度カワセミに出会えないかと近くのT公園に出かけました。
しかし待てどカワセミは現れず(一度だけそれらしい鳥が水面にダイブするのを見ましたが)、またまたアオサギを撮影する羽目になりました。朝日と向き合う位置がポイントなので逆光での写真です。ちょっとピントが甘いですね。もう少しISO感度をあげれば良かったです。

kazaguruma-club_1712.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1713.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 6.3、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1714.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 6.3、ISO 1000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

Kazaguruma
(予約投稿です)


コメント(4) 

フルードビデオ雲台での初撮影 [カメラ・野鳥]

今夜はもう1月記事をアップします。

今日は妻を仕事先まで送った後、フルードビデオ雲台(マンフロットMVH502A)の使い勝手を見てみようと、カワセミがいるという近くの公園に出かけました。時間が10時過ぎてしまったことが原因かカワセミは見当たりませんでした。
公園にいた方に聞いたところ、「毎日見られるよ、今朝もバードウォッチングの人達が来ていたよ。」というので、その方に場所を確認した上で2時間ほど粘りましたが出会えませんでした。

仕方が無いので、アオサギを撮影して使い勝手を見てみました。

最初はアオサギが飛び立つところです。

kazaguruma-club_1694.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1695.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1696.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

急な飛び立ちでもスムーズにカメラを横に振ることができました。

次は餌を取って戻って来たアオサギです。

kazaguruma-club_1697.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1698.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

この後の連続シーンは、測距エリアモードをゾーンAFにしていた影響かカモにフォーカスを取られてしまい、トリミングをするとピントが甘いという状態でした。でも左斜めやや上から着地に向けて右横へカメラを振りましたが、スムーズに動かせました。

最後は背中を向けて飛んで行ってしまったシーンですが、下から上へ楽にカメラを振れました。

kazaguruma-club_1699.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

kazaguruma-club_1700.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、シャッタースピード優先AE、Tv 1/2500、Av 5.6、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 400mm(640mm相当)、DPP4、トリミング) 

アオサギは大きな鳥で、ゆっくり飛んでくれるので雲台の動きは全然問題なかったです。
フォーカスの方はやはり照準器の合わせ方がまず重要で、今日うまく調整できていた方だと思います。
三脚の使い易い高さなど今後調整が必要かと思いますが、フルードビデオ雲台使用初日としては好感触でした。

撮影機材
EOS 7D Mark II
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
マンフロット MVK502C-1(フルードビデオ雲台MVH502A+三脚535
オリンパス ドットサイト照準器EE-1


Kazaguruma

コメント(6) 
前の10件 | 次の10件 カメラ・野鳥 ブログトップ