So-net無料ブログ作成
検索選択

小さくても・・・ [昆虫]

虫が嫌いな人は続きを読むを開かないでください。

君たちは小さくてもすごいね!(続きを読む)


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アブラゼミ [昆虫]

今朝は涼しかったですね。
寝苦しい夜が続いてましたが、扇風機もエアコンもつけずに寝ることができました。

さて、今日からお盆休みで、初日は庭の雑草取りやら、繁茂しすぎたパンダスミレを間引いたりと、これまでできなかった庭仕事をしました。こうしてみるとあっと言う間にクレマチス・シーズンも過ぎた感があります。台風一過の後、秋の空気を感じましたが、暑い暑いと言っていられるのも、あとわずかかもしれませんね。

今朝、アスパラガスを葉を整理していたら、羽化したてのアブラゼミを見つけました。最初は、白いのでギョッとしましたが、何となくかわいいですね。

gardening_3729.JPG
EOS 60D+EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

このお盆休みは隔日で妻が仕事なので、最終日にどこかに行くくらいで、私は日頃できなかった庭の片付けや、部屋の整理、パソコンいじり等をしようかと思っています。今日は早速、本や書類の整理などしました。明日はたぶん午後からパソコンいじりです。メインパソコンのハードディスク・Cドライブの空き容量が少なくなってきたので、換装しようかと思っています。

皆さんは帰省やご旅行でしょうか?


コメント(0) 

侵入生物 [昆虫]

木曜から二泊三日で名古屋、京都に出張でした。
帰宅後、早速、水遣り、写真撮影、そしてホームセンターへ(ミニトマトとオクラの苗)。
忙しくいろいろと活動したため、昼寝(夕寝)でもしようか庭をボ~と見ていたら、ふわりふわり見慣れない白い蝶が舞い降りてきました。なんどかマダラチョウ科のような模様。

すぐさま、マイ・カーに載せてある捕虫網を取りに行き、上の方を飛ぶ品種不明の蝶を見上げながらご近所を追いかけました。おそらく、あの蝶では・・・と思いながら。

散歩中の近所のおばさま達に励まされ、犬には吠えられ、なんとか捕獲しました。

ネットで確認してみるとやはりアカボシゴマダラでした。

近年、たぶん中国大陸で採集されたものが放蝶されたらしく、関東と静岡に分布するようになり目撃される範囲が拡大している問題の蝶なのです。

国立環境研究所の侵入生物データベースで指名手配?されている蝶です。
日本には奄美大島だけにこのアカボシゴマダラの亜種が生息しています。
昨年、都内や埼玉でも採集できるという話を聞いていましたが、食草がエノキで、オオムラサキやゴマダラチョウという在来種が影響を受けることが危惧されている蝶です。

採集した蝶は羽化間もない新鮮個体のようで、近郊に定着している感があります。
何が目的かわかりませんが、困ったものです。

gardening_3635.jpg

写真の蝶は標本にします。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

羽生へ [昆虫]

三連休の中日は朝から快晴でしたので、5時には起きて朝飯前にクレマチスの種播き作業を済ませました。
今日播いた種は、柿生、不動、月光、ピッチャリ、ヴィオルナ、イアンシナ、そして恋のしずくです。
実生苗の鉢が増えすぎているので、今年は果球を途中でだいぶ落としたのですが、それでもできた種を結局播くことになりました。そろそろ本気で実生苗の鉢の整理をしなければなりません。

我が庭には昆虫がよく飛来するので受粉しやすく種が出来やすい方なのですが、朝早いと蝶がユリやクレマチスで休んでいる姿を見ることができます。時々ススメガを見つけて驚くこともありますが。今朝はツバメシジミを見つけました。踊場の蔓でお休み中でした。

gardening_2848.jpg

朝のガーデニング作業の後は、ホムセンとマック(お昼の調達)に寄ってから、久しぶりに羽生の水郷公園へプチ・ドライブしてきました。(痩せたいのに・・・マック?という妻のツッコミは無視・・・)

連休中とあって親子連れが多く、ボール遊び、バトミントン、サイクリングやカヌーで賑わっていました。私は日頃の運動不足を解消すべく、ひたすら妻とウォーキングです。外食(特に駅弁)が多く、体重は2年前より3~3.5kgアップです。外食とともに、通勤時に歩かなくなったことが大きく影響しています。

下の写真は水郷公園のキバナコスモスとモンキチョウです。写真は撮れませんでしたが、ウラギンシジミ(♂)が飛んでいるのを見つけました。やはり秋ですね。

gardening_2849.jpg

虫続きで・・・。今日、ホムセンに寄った理由は鈴虫用のウォーターを補充するためです。防菌、防臭とミネラル、水分の補給の効果があります。そうそう、昨日、鈴虫(♀)の飼育容器に、♂を入れました。♀は肉食系ですね。すぐに♂に近寄り、交尾を迫っていました。交尾はうまくいったようで、来年の恐ろしい光景に向かって着実にステップを踏んでいます。

涼しくなって鳴く鈴虫(♂)が増え、リンリン合唱団になってます。気温だけではなく、鈴虫の合唱で秋の夜長を更に感じるようになります。


コメント(0)