So-net無料ブログ作成
検索選択
クレマチス&バラ ブログトップ

ベル・オブ・ウォッキング [クレマチス&バラ]

今年のシーズン中には何故か花が咲かなかったのに、この時期花をつけている不可思議なベル・オブ・ウォッキングです。

gardening_4854.JPG
(EOS 5Dmk3+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/125、Av2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

gardening_4855.JPG
(EOS 5Dmk3+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/250、Av2.8、ISO 200、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

gardening_4856.JPG
(EOS 5Dmk3+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/160、Av2.8、ISO 200、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

これは、蔓の出ている株元から判断するとサンセットなのですが、本当にサンセットなのでしょうかね?色合いはドクターラッペルかカーナビーのような・・・、でもしべの色が違います。実生の種が落ちて育って開花したのかな?

gardening_4857.JPG
(EOS 5Dmk3+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av2.8、ISO 200、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

これはアーネストマークハムです。本当にしぶとく咲いています。

gardening_4858.JPG
(EOS 5Dmk3+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av2.8、ISO 125、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

この他、ニオベの蕾が開いてきています。そして白万重も。サマリタンジョー、ジョセフィーヌ、紀三井寺の花もまだ散っていません。12月にこんなにクレマチスの花を見られるのは初めての経験です。

そしてもうひとつ驚いたのは、つるバラ、ピエール・ドゥ・ロンサールの開花です。1輪だけですが、ちゃんと咲いています。
やはり、秋が暖かったのですね。

gardening_4859.JPG
(EOS 5Dmk3+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av5.6、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

写真は庭仕事をした12月5日土曜日に撮影しています。
今年は赤渋病(サビ病の1種)対策で、冬場に(最後の手持ちとなる)石灰硫黄合剤で殺菌しようと考えていますが、いったいいつ休眠状態になるのでしょうかね。

Kazaguruma
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いつの間に [クレマチス&バラ]

昨日は甥っ子の結婚式で、ほぼ一日、銀座にいました。
カメラ2台を持っていき、結局600枚以上撮っていました。
自分自身にちょっと予想外のハプニングがあったにも関わらず、すごい枚数撮っていました。
片方には望遠レンズをつけていたのですが、それが重たくて最後は腕や肩がプルプルでした。
夕方から1枚1枚RAW画像をチェックしていますが、四分の一が済んだところです。

さて、日中は増えすぎたアマクリナム、シランの整理と、最近収穫量が減ってきたアスパラガスの場所を掘り起こして苗を変える準備などをしました。

そんな中、いつの間にか咲いていたクレマチスのジャックマニー(Jackmanii)の花を2輪見つけました。もう1週間もすると12月だというのに頑張ってますね~。

gardening_3768.jpg

それとバラもアウグスタルィーゼ(Augusta Luise)が咲いてました。こちらは花を認識していたのですが、写真を撮るにを忘れていました。

gardening_3769.jpg

開花した写真を撮り忘れるようじゃ、最近のクレマチスやバラへの関心の薄さが出ていますね。

ところで、今日は届くのを心待ちにしていた本が届きました。
「米 美知子の自然風景撮影術 情景探し」という本です。
ちょっとカメラ、写真に凝り始めた時から、いつか米 美知子さんの写真のような素晴らしい写真が撮りたいなと思っていまして、少しは本を読んで何か得るところがあれば良いなあと思って買いました。

kazaguruma


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新幹線の指定席 [クレマチス&バラ]

今日は大阪への日帰り出張でした。
本当に日本列島を右に左に動いています。
最近、東海道・山陽新幹線の指定席は進行方向の一番後ろの席を取ります。
二人席の窓側です。疲れたときは後ろを気にせず倒して寝ながら帰って来ます。
今日は隣の席がスマホをいじりっぱなしのサラリーマンで、気になって眠れませんでした。
ビールに駅弁で、読書をしながら帰って来ました。
今は「細川政元」を主人公として歴史小説を読んでいます。

さて、バラが順次花盛りを迎えています。
昨年よりまたピエール・ドゥ・ロンサール(Pierre de Ronsard)がすごいことになってきました。
ちゃんと誘引していないので、キンモクセイの上の方で花盛りです。
次のシーズンには剪定と誘引をしてもうすこし見栄えを考えないといけないですね。

gardening_3631.jpg

こちらも花がかなり咲いてきた艶姿(あですがた)です。

gardening_3632.jpg

さて、クレマチスの方ですが、ハーグレイハイブリッド(Hagley Hybrid)が開花してきました。
この品種はクレマチスを始めた年に購入した古参の品種です。
しべの基部が薄く青いのがとても魅力的な花です。

gardening_3633.jpg

次は、挿し木から成長した子株に先を越されたビビアンペンネル(Vyvyan Pennnel)の親株です。
今年の花はかなりきれいです。
例年だともうすこし花弁の色が多様なのですが、今年はなんだかキリ・テ・カナワのようです。

gardening_3634.jpg

今年も開花品種が既に60品種を越えましたが、なかなか思い通りには咲かないですね。
それがまた来年へのやる気につながります。

Kazaguruma


コメント(2) 

秋の作業 [クレマチス&バラ]

こんばんは!
今年も早いもので、残り2ヶ月になってしまいましたね。
仕事の忙しさもあり、なんだか慌ただしく過ごしています。

この秋の作業を備忘録として記載しておきます。

10/13 チューリップの球根植え
ピノキオ         10球
ベリシア          5球
バラード          5球
モンテカルロ      20球
ヘミソフィア        5球
ピンクダイアモンド  20球
カルガリーフレーム   5球
ヨハンシュトラウス  10球
フレグランスミックス 25球
パッションミックス   50球
イエローベビー     5球
------------
合計          160球

10/19 野菜(ブロッコリー、ちょうほう菜、小松菜、チンゲンサイ、ほうれん草、チマサンチェ、白菜など)をプランターで育てていますが、ブロッコリー、白菜を除き、寒冷紗で寒さ対策をしました。

11/2~3 クレマチス誘引作業、不要な枝の剪定

今、庭に咲いている花のご紹介です。
バラの恋心、1輪だけ咲いてます。

gardening_3440.jpg

クレマチスは柿生2輪、面白1輪、八橋1輪、ダッチェス・オブ・エジンバラ1輪咲いてます。

gardening_3441.jpg
gardening_3442.jpg

十分手をかけることが出来ないので、枯れたクレマチスが少なからずあります。モネグリーン、ミセス・N・トンプソンなど。だいぶ栽培品種数が減ってきました。クレマチスの種を播いた鉢も様子を見ながら整理しています。

今月いっぱい、休日は時間を見つけて、枯れた蔓の剪定、春に向けての誘引、鉢替え作業をしていきます。

風車倶楽部管理人・風車(かざぐるま)


コメント(0) 

明日には梅雨入り? [クレマチス&バラ]

こんばんは!

明日には関東も梅雨入りしそうですね。
3月初めにじゃがいも2種類(十勝こがね、アンデス赤)を植え付けたのですが、収穫の目安90日前に梅雨になってしまいそうです。大丈夫かな?前回じゃがいもをやった時も梅雨入り前に収穫しなければと掘ったら本当に小さなじゃがいもしかできていなくて、妻に笑われたものです。さてさて、今年も笑われそうですね。

今朝のクレマチスですが、アディソニー‘桃の君’の実生(管理番号7-022S)が親よりも桃の君らしい花を咲かせていました。

gardening_3361.jpg

次は篭口です。これからが本番です。でも梅雨入りでうどんこ病が心配です。篭口は本当にうどんこ病になりやすいので。

gardening_3362.jpg

そして、エトワールバイオレット(Etoile Violette)です。この品種もこれからが本番です。

gardening_3363.jpg

今夜の最後はクレマチスではなく、先日紹介したバラのアウグスタルィーゼ(Augusta Luise)です。
本当に微妙な色合いの豪華な花です。私的にかなり気に入りました。

gardening_3364.jpg

今日は自宅に一番近い研究所のある事業所への外勤でした。そのため7時前に帰宅できたので、薄暮の中、ヤブ蚊に刺されながら庭のクレマチスを見て回っていたら、一重咲きですがパトリシア・アン・フレットウェルの花を見つけました。昨年咲かなかったので、そこに植えてあることを思い出すのにちょっと時間がかかりました。明日は朝から雨模様なので、写真撮れないですね~、残念!
コメント(2) 

まだ1月だよ~ [クレマチス&バラ]

今朝、雨戸を開けたら、小鳥用の餌がきれいに無くなってました。
そして、メジロが庭に来ていたので、今日はわざわざ小鳥用の餌(アワの穂、麻の実)まで購入して、オレンジとともに餌台に置いてみました。
2時間ほど野鳥観察、シャッターチャンスを狙ってました。ウグイスらしき小鳥が飛来したのですが、結局、餌台に来てくれたのはヒヨドリだけでした。残念!

さて、まだ1月というのに不動の実生(管理番号7-007S)の新芽が動き出してました。まだまだ寒い日が続くのに大丈夫かな?

gardening_3184.jpg

下の写真は昨年購入したシャンテリー(Chantilly)の新芽です。個別品種ページを新規に作る都合上、新芽の写真を撮りたかったのですが、うまく撮れました。

gardening_3185.jpg

こちらはつるバラ2種の新芽です。ミミエデンは開花を楽しみにしています。

gardening_3187.jpg
gardening_3186.jpg

春が待ち遠しいですね。


コメント(0) 

今日も曇り空 [クレマチス&バラ]

何故か、関東だけ天気が悪い! そんなことが最近多いように思います。
そのせいか我が家のクレマチスの中には調子がいまいちという品種が出てきています。大事なダニエルデロンダも今年は調子が良くなく、葉も変色気味です。プリンセス・ダイアナ、キングスドリーム、ヴィオルナも今年は勢いが悪いようです。そして、全体的に細菌性の病気に冒された葉が認められます。

そこで、昨日は降雨がありそうでしたが、トップジンM水和剤を散布しました。そしてその後ホームセンターに行って、殺菌剤を数種類買い置き用に購入しておきました。中期予報が長雨、冷夏予想なので今後活躍しそうです。本当にお日様が欲しい!

さて、昨日開花していたクレマチスは踊場、クリスパ・エンジェル(Crispa Angel)、不動、キリ・テ・カナワ(Kiri Te Kanawa)、ハニヤ(Hania)、雪小町、パミヤット・セルツァです。雪小町は高いところに咲いているためうまく撮れてません。パミヤット・セルツァはもう少し開いてからご紹介します。昨日迄で開花品種は100品種を越えました。

gardening_2372.jpggardening_2373.jpggardening_2374.jpggardening_2376.jpggardening_2375.jpg

※不動は実際、もう少し紫です。写真では少し赤く写ってます。

紫子丸ですが、3輪目と4輪目が咲いてきましたが、赤紫色が濃くなってきました。紫色の白万重といった感じです。良い花ですね。そう言えば、同じ及○さんの4.5号苗を2ヶ所から購入していますが、後から買った購入価格が少し安かった方が開花していますが、もう一方は蕾も出来てません。不思議です!

gardening_2377.jpg

我が家のクレマチスは早咲き系の後半品種が開花のピークになってきています。ピール(Piilu)は玄関前の格子棚一杯に咲いてます。

gardening_2379.jpg

庭の方ではニオベ(Niobe)が目立ちます。隣家との境に作っているクレマチス用格子棚の表と裏で各50輪ぐらい咲いてます。これに紅小町、アンドロメダが今、開花のメイン品種です。それとベティー・コーニングですね。

gardening_2378.jpg

バラも咲いてます。ピエール・ドゥ・ロンサール(Pierre de Ronsard)がすごい勢いです。我が庭の環境に合っているようです。

gardening_2380.jpg

今日は我が地域、一斉の「道路の側溝そうじの日」でした。一斉にやること、老人宅をお手伝いしてあげることに意味があるのですが、居留守、朝寝坊で参加しない非協力的な家庭が増えてきています。どこかの町内会では罰金3,000円を徴収するところがあるとか、我が自治会にも提案してみたい...。ところで、我が区画の今年度班長すら参加していません。ん・・・初めてのケースかも。

今週は、横浜、仙台、札幌で仕事です。来週は福岡、広島、そして再来週は大阪、高松。沖縄にも行く用事があるし、日本列島をあっちこっち飛び回ります。
コメント(2) 

しぶとい [クレマチス&バラ]

私の住む地域は、今、雷雨になっています。午後からの雷雨予報が少し遅くなったようです。
そのため、夕方、少し庭に出て今日の様子を確認できました。

殺菌剤を散布しましたが、雨が降ったため効果がなかったようで、さび病(たぶん)に冒されたラプソディーの蔓と葉をまた確認しました。次の土日を待たずに、朝早起きしてもう一度、別の殺菌剤を散布した方がいいかもしれません。

クレマチスの開花ですが、地植えから除いた品種の花を確認しました。
1つは、地植えだった株を掘り出して鉢植えにしたロマンチカ(Romantika)です。クレマチスは根を切ると駄目になるというのが定説なので、挿し木で予備苗を作った上で掘り出してます(よい子はまねしないようお願いします)。
もう1つは、ラベル間違いで我が家に来てしまったコンテス・ド・ブウショウ(Comtesse de bouchaud)です。勢いが良くて周囲のクレマに悪影響を与えていたので、育てるのを完全にやめようとして掘り出しました。ちゃんと深く掘って根を取り除いたはずなのに、今日、1輪花が咲いてました。アーネストマークハムも2年ほど掘り起こしたところから新芽が出てきましたが、ブウショウも同じようです。根が充実してしまうと意外とクレマチスってしぶといのですよね。

gardening_1890.jpggardening_1891.jpg

今夜はバラのことも。
昨日、ステファニー・ドゥ・モナコ(Stephanie de Monaco)がきれいに咲きました。ちょうど、マルコポーロの最初の花が終わって、バトンタッチするように開花してくれました。それとクレマチスの葉の中から花を咲かせた品種名不明の赤いバラです。この赤いバラの開花で、我が家のバラ7種類全部咲いたことになります。この赤いバラも強香なのですが、ラベルがどこかに紛失してしまい品種名がわからず残念です。たぶんリンカーンというような名前だったと思います。今咲いている赤いバラは、既に枯死した親株が元気なうちに挿し木で増やして、地植えにしたものなのです。しぶといと言えば、このバラもしぶといですね。

gardening_1892.jpggardening_1893.jpg


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

可愛い花 [クレマチス&バラ]

玄関先に鉢植えのバラ「Queen of Sweden」を置いているのですが、昨日からその可愛いらしい花が開きました。本当のところ、こういう八重咲きのクレマチスがあると最高なのですが。

gardening_1848.jpg

クレマチスですが、シルビアデニー(Sylvia Denny)とユートピア(Utopia)が開花しました。

シルビアデニーの今年最初の花は残念ながら八重咲きになりませんでした。鉢植えですが、勢いのある株です。それなのに今年は蕾も少ないようです。

gardening_1846.jpg

ユートピアは、フォンドメモリーズみたいです。こちらは蕾の数も昨年よりも多くなっています。何よりも驚いたのは、強風で完全に折れた蕾付きの蔓を駄目もとで、折れた箇所をセロハンテープで真っ直ぐにして支柱にとめたところ、何事も無かったかのように大きな花を咲かせたことです。首の皮一枚で繋がっているような折れた蔓でも花が咲くこともあるので、その生命力に驚かされます。

gardening_1847.jpg

ここのところ夜更かし気味でいたら、ちょっと風邪気味です。
熱でも出したら、新型フルを懸念して医者が診てくれないなんてこともあるようなので、風邪薬飲んで、早く寝て治さないと...。


コメント(0) 
クレマチス&バラ ブログトップ