So-net無料ブログ作成
検索選択
クレマチス ブログトップ
前の10件 | -

フォンドメモリーズ [クレマチス]

玄関脇のオベリスクに絡めているクレマチス・フォンドメモリーズ(Fond Memories)が剪定後再び花を付けました。
花はかなり小振りです。
雨がかかりにくい場所に鉢があるなので、雨降り続きで安心して水遣りを忘れていたら、昨日開花した花が萎れ始めていて危うい状態でした。大慌てでたっぷり水遣りをしたら今朝復活していました。

kazaguruma-club_1996.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/125、Av 8.0、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)
kazaguruma-club_1997.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 5.6、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

フロリダ系は庭の環境と相性があまり良くないのですが、フォンドメモリーズはそういうこともなくきちんと咲いてくれます。
そして同じフロリダ系の白万重も同様です。他のクレマチスの葉をかき分けて撮ったので、前ボケでソフトフォーカス調になってます。

kazaguruma-club_1999.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/500、Av 2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

大輪系は今フロリダ系が再び花を付け始めましたが、その他の品種としては、ビューティー・オブ・ワーセスターとパミヤット・セルツァが咲いてます。中でもパミヤット・セルツァは優秀で、ずっと咲き続けています。

kazaguruma-club_1998.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 8.0、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ビューティー・オブ・ワーセスター(Beauty of Worcester)”

kazaguruma-club_2000.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/250、Av 2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “パミヤット・セルツァ(Pamiat Serdtsa)”

ところで、甲子園で埼玉県代表の花咲徳栄高校が勝ち続けています。息子の母校・春日部共栄以来のベスト4とか。明日は関東勢同士の戦いですが、1つでも多く買勝って欲しいところです。

備忘録;ミニトマトの全てとキュウリの第一弾を整理しました。キュウリは後から植えた第二弾の苗を残すのみ。夏野菜はナス、ゴーヤ、万願寺トウガラシがまだ元気です。

Kazaguruma

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏はどこに? [クレマチス]

気象予報士の多くの方が「夏はどこに?」というフレーズをあげていますが、本当にこの夏はどうなっているのでしょうね?
夏将軍すら夏休みですね。

しっかりとした雨模様でどこにも出かけられず、雨が止んでいるときに自宅の壺系クレマを撮しました。
何故ならようやくイアンシナが開花したからです。本当に遅い開花です。

kazaguruma-club_1983.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 5.6、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “イアンシナ(Ianthina)”


その他の壺系です。
キングスドリームの実生です。一番花とはちょっと違いますね。この株は二番花、三番花が素敵になります。

kazaguruma-club_1984.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/60、Av 5.6、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “キングスドリーム(Kings' Dream)の実生(管理番号;7-036S)”

押切です。春先は新芽が駄目になり焦りましたが、盛り返して繰り返し咲いてくれています。優秀な壺系です。

kazaguruma-club_1985.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 5.6、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “押切(Oshikiri)”

ヴィオルナの実生とその果球です。これも押切に似ていた一番花と趣が異なっています。この株は一番花の方が良いですね。

kazaguruma-club_1986.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 5.6、ISO 250、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ヴィオルナ(Viorna)の実生(管理番号;9-316S)”

ヴィオルナです。もちろん元々は実生苗です。実はこのヴィオルナの種から育ったのが上の写真の赤い壺系なのです。

kazaguruma-club_1987.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/40、Av 5.6、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ヴィオルナ(Viorna)”

これはピッチャリの実生です。

kazaguruma-club_1988.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/60、Av 5.6、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ピッチャリ(Pitcheri)の実生(管理番号;9-007S)”

雫のついた光景も撮っていて面白いと思いますが、いったいいつまでこんな天気が続くのでしょうね?
まあ涼しくて夜もよく寝られるので良いのですが、東北のお米の出来が心配な今日この頃です。

Kazaguruma

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の庭 [クレマチス]

もう8月ですね、梅雨が明けてからの方が何故か雨が多い気がします。
今日もざっと激しい雨が降りました。
毎朝の水遣りがサボれて少し朝寝坊できます。

この時期恒例、我が庭はジャングル化しています。
剪定されていないクレマチスに、伸び放題の夏野菜・・・。
庭で目立つのはなぜか黄色のキュウリの花と、次々と花を咲かしている赤鹿の子ユリ。

kazaguruma-club_1928.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

とは言っても剪定していないおかげでクレマチスもチラホラ咲いてます。

何番花かわからないミス東京。

kazaguruma-club_1929.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 5.6、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

2番花のビューティー・オブ・ワーセスター。

kazaguruma-club_1930.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 3.5、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

大輪系はこの他、ドクターラッペル、アーネストマークハム、ハーモニー、ジョセフィーヌがチラホラ咲いてます。

そして壺系は相変わらず、踊場、ピッチャリ、篭口、不動が元気ですが、その他の壺系も頑張って咲いてます。
うどんこ病がまた出てきたので、日曜日に殺菌剤(サプロール乳剤)と殺虫剤(スミソン)を混ぜて散布しました。

kazaguruma-club_1931.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 2.8、ISO 320、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 
kazaguruma-club_1932.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 2.8、ISO 160、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 
kazaguruma-club_1933.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/250、Av 2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 
kazaguruma-club_1934.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/125、Av 2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

いつも葉ばかりくんで終わるイアンシナにも蕾が・・・。久しぶりに花を見られるか?

kazaguruma-club_1935.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 2.8、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

最近、ゴーヤが出来はじめて、2~3日1回、ゴーヤチャンプルを妻に作ってもらってます。

Kazaguruma

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ようやく75品種開花 [クレマチス]

今夜は21時過ぎまで外で撮影していましたため、帰宅が遅くなりました。
その写真は整理して明日にでもご紹介したいと思います。

さて、今夜は庭のクレマチスの話題を。
クレマチスもヴィオルナとテキセンシスMピンクがようやく開花して、今年開花した品種が75品種となりました。
そろそろ打ち止めですかね。

kazaguruma-club_1900.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/15、Av 8.0、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ヴィオルナ(Viorna)(実生)”

kazaguruma-club_1901.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/13、Av 8.0、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “テキセンシスMピンク”

この他、この時期に咲いているクレマチスは主に壺系です。そんな中から、親不明の実生、押切、ソフィーの花をアップします。親不明の実生(管理番号;S8-112)はちょっと可愛いピンクの壺です。

kazaguruma-club_1902.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 8.0、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “親不明の実生(管理番号;S8-112)”

kazaguruma-club_1903.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 8.0、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “押切(Oshikiri)”

kazaguruma-club_1904.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/25、Av 8.0、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ソフィー(Sophie)” ウドンコ病がひどくて剪定したらすぐにまた開花してきました。

赤い大輪系サンセットが開花しないので、庭のクレマチスをなかなか剪定できないですが、そろそろ諦めて、ある高さ以上は剪定というズボラな方法で次の休みにでも剪定しようかなと考えています。

Kazaguruma

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

半年過ぎて・・・ [クレマチス]

こんばんは。
6月も終わり2017年も半年過ぎてしまいましたね。本当に早いものです。
6月後半15日で9ヶ所に出張しましたが、歳をとると移動だけでも大変疲れます。
そのため、今日は恵みの雨で、体を休めて、PCをいじっていました。
PCに新しい外付け用のブルーレイ・ポータブルドライブを付けて、ブルーレイ・ディスクに保存したテレビで録画した番組をPCで見られるようにしていました(簡単な作業です)。

さて、雨といっても今日は雨が降っていない時間帯があったので、庭に出てキュウリ、ナス、ミニトマト、万願寺トウガラシを収穫して、その後咲いているクレマチスを撮影しました。

撮影していると見慣れないクレマチスの花が・・・。なんだろうこの紫色のクレマチスは?紫の花弁とドクターラッペルのような海老茶色のしべ、我が家では見たことも無い花でした。

kazaguruma-club_1857.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 4.0、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

蔓を下にたどっていくと、ダニエルデロンダの実生というネームプレートを発見!そうこれはダニエルデロンダの実生で2008年に播種したものでした(管理番号;S8-018)。9年目にして初めて花を見ました。

庭のクレマチスは剪定をほぼできていない状態なのですが、そのまま柿生、ドクターラッペル、ビーズジュビリーの2番花が咲き出しました。春姫も2番花が今朝咲いていました。

kazaguruma-club_1858.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/160、Av 4.0、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “春姫”

Kazaguruma

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

遅~い開花 [クレマチス]

ビューティー・オブ・ワーセスターがようやく2017年一番花を開花させました。大輪系の他のクレマチスの2番花が咲き出すこの頃にです。のんびり屋さんです。

kazaguruma-club_1856.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/500、Av 3.2、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

この後もまだ咲く品種あるかな~ お気に入りサンセットも咲いていないし、ストロベリーキッスやキングスドリームもまだです。駄目になったわけではないので、葉ばかりくん状態のものがいくつかあります。


クレマチスとは全然関係がありませんが、少し前からキュウリ、ミニトマト、ナスが収穫できるようになりました。そして日曜日の夜には万願寺トウガラシも味わうことができました。

Kazaguruma
(26日は愛知県に出張なので予約投稿です。)

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっと押切とスカーレットが咲きました。 [クレマチス]

新芽が風で折られたか鳥に啄まれて駄目に押切ですが、幸いにも地中から新芽がいくつか出てきて復活してました。そして日曜日にやっと開花しました。壺系の中でも早めに開花する品種ですが、今年は本当に遅かったです。遅かったと言えばテキセンシス・スカーレットもようやく開花しました。これで実生苗を除いて70品種開花したことになります。100品種開花はまた出来ませんでした。2009年がピークで143品種開花でしたから、8年でその半分です。如何に他のことに興味・関心が行っているかよくわかりますね。

kazaguruma-club_1840.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 5.6、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “押切(おしきり)”

kazaguruma-club_1843.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 5.6、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “テキセンシス・スカーレット(Texensis Scarlet)”

こちらは今年始めて開花した妙福の実生苗(管理番号;7-046S)です。ちょっとうどんこ病に冒されてます。ヴィオルナみたいな花ですね。

kazaguruma-club_1842.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 5.6、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “妙福(みょうふく)の実生(管理番号;7-046S)”


最後にもう1つ写真を。大変気に入ってますヴィオルナの実生です。

kazaguruma-club_1841.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/125、Av 5.6、ISO 100、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “ヴィオルナ(Viorna)の実生(管理番号;9-316S)”

Kazaguruma
(出張中なので予約投稿です。)

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テキセンシス“アップルレッド” [クレマチス]

クレマチスもなかなかネタ切れになってきました。

7日に開花したテキセンシス“アップルレッド”(Texensis "Apple Red")です。

とても虫に食害されやすくて殺虫剤の散布が遅れると葉がボロボロの穴だらけにされてしまいます。

今年も薬剤散布のタイミングがちょっと遅れて、葉はボロボロです。
これからたくさん花を付けてくれるか少々疑問です。

kazaguruma-club_1788.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/40、Av 5.6、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

6月になってアンドロメダに勢いが出てきました。今年は1ヶ月遅れのピークですね。

kazaguruma-club_1789.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 8.0、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

そろそろ終わりで、ビル・デ・リヨンと主役交代かと思っていたニオベですが、コンテス・ド・ブウショウに押さえ込まれながらも蔓を伸ばしています。新しい暗赤色の花がまだまだ咲いてます。

kazaguruma-club_1790.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/20、Av 8.0、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) 

今日は雨が降るという天気予報でしたが、ちょっとパラパラ降っただけでした。
今朝水遣りをどうしようかと悩みましたが、晴れ間が出たので念のため鉢植えに少し水遣りをしておきました。
正解でした。水遣りをしなかったら、萎れていたのがいくつかあったと思います。

Kazaguruma

コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Ville de Lyon [クレマチス]

我が庭のクレマチスもそろそろ新たに開花する品種が少なくなってきました。
今年は開花が遅めだったかな?赤い遅咲き系ビル・デ・リヨン(Ville de Lyon)がようやく日曜日に開花しました。

kazaguruma-club_1781.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 7.1、ISO 500、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

ニオベの暗赤色に代わって、これからビル・デ・リヨンの鮮赤色が主役になってきます。

壺系では妙福の実生が開花していました。親株の妙福は既に駄目になっているのですが、その実生の鉢が我が家に多くありました。現在は面倒なので少し大きな鉢にまとめて育てています。親の妙福より面長ですね。

kazaguruma-club_1782.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 7.1、ISO 8400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

我が庭のクレマチスは面白や柿生の二番花も咲き始め、一番花数が多い時期になりました。

今最も勢いのある品種はコンテス・ド・ブウショウ(Comtesse de bouchaud)と踊場です。
コンテス・ド・ブウショウはニオベに覆い被さるように咲いています。

kazaguruma-club_1783.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 7.1、ISO 250、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

そして踊場はどんどん太い蔓を伸ばして我が物顔です。

kazaguruma-club_1784.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/100、Av 7.1、ISO 400、WB:太陽光、PS:風景、DPP4)

梅雨入り前になって、一部の品種(ソフィー、篭口)でうどんこ病が出てきています。早めに薬剤散布で対抗していますが、我が家のうどんこ病の広がりはいつもこの2つの品種からです。今のところそれほどの広がりはありません。

そう言えば、赤渋病に冒された葉も時々見つかりますが、目立つほどではありません。

これからジメジメして風通しが悪くなる梅雨時が要注意です。

Kazaguruma

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月2日開花のクレマチス [クレマチス]

今朝の雷雨はすごい振り方でした。おかげで水遣りをしなくてすみました。
その雨でどこからか避難してきたのか、キュウリのプランターの下から蛇が出てきたそうです(妻からの緊急速報)。


さて起きる頃には雨が止んでいたので庭に出てみると、クレマチス「カイウ」が開花してました。この品種は本当に育てやすくて、毎年たくさんの花を付けてくれます。これからカイウのシーズンです。カイウは日本語みたいな品種名ですが、originはエストニアです。

kazaguruma-club_1765.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 8.0、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “カイウ(Kaiu)”

せっかく雨上がりの庭に出たので、朝食の時間に食い込みながらもぎりぎりまでいくつか撮りました。
こちらは数日前ぐらいから開花が始まっていた這沢(実生)の実生です。ほぼ親に似ています。少しぷっくり感が足りないかな?

kazaguruma-club_1766.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/50、Av 8.0、ISO 800、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “這沢(はいざわ)(実生)の実生”

雨上がりで光沢感から造花みたい見えたサマリタンジョーです。

kazaguruma-club_1767.JPG
(EOS 5Dmk4+EF100mm F2.8L Macro IS USM、絞り優先AE、Tv 1/80、Av 8.0、ISO 640、WB:太陽光、PS:風景、DPP4) “サマリタンジョー(Samaritan Jo)”

今朝までに自分で播種した実生苗の開花を数に入れないで64品種開花しました。
この後開花しそうなのは、テキセンシス“アップルレッド”、ジャックマニー、サンセット、ベル・オブ・ウォッキング、ストロベリーキッス、ヴィオルナ、押切、テキセンシス・スカーレット、ビル・デ・リヨンぐらいでしょうか。常連組の中で10数品種ほどは開花しそうにありませんので、今年は70品種をちょっと越すぐらいでしょうか。目標の100品種は届きそうにもありません。常連組はどうしたのでしょう?長年育てていて新旧交代時期でしょうか。

Kazaguruma

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - クレマチス ブログトップ