So-net無料ブログ作成
検索選択

岩槻城址公園のカワセミ 9/3 その2 [カメラ・野鳥]

今夜も岩槻城址公園のカワセミです。餌取りのダイブシーンです。
今回はポジショニングが良くて、飛び込む場所をある程度しぼれたので、飛び込みそうな水面にピントを合わせて待っていました。そうすることでAFが動く距離を短くして合焦しやすくしたわけです。留まっている位置から飛び込むまでピントを合わし続けるには、テレコン付きのレンズじゃ暗くて厳しいと思いました。
下の写真はその1の飛び出しシーンよりもピントを水飛沫に取られてカワセミのピントが甘くなっています。

以下の4枚の連続シーンはノートリミングです。

kazaguruma-club_2032.JPG
kazaguruma-club_2033.JPG
kazaguruma-club_2034.JPG
kazaguruma-club_2035.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/1600、Av 8.0、ISO 6400、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4)

次の飛び出しシーンは向きを変えてカメラと反対方向へ飛んでいったため、その後の写真はピンぼけでした。ノートリミングです。

kazaguruma-club_2036.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/1600、Av 9.0、ISO 5000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4)

次の写真は飛び込む水面が見えない位置だったのですが。飛び出したところを上手く拾えました。1枚目はノートリミングで、2枚目はトリミングしています。

kazaguruma-club_2037.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/1600、Av 8.0、ISO 4000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4)
kazaguruma-club_2038.JPG
(EOS 7Dmk2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EXTENDER EF1.4XIII、シャッタースピード優先AE、Tv 1/1600、Av 8.0、ISO 4000、WB:太陽光、PS:風景、焦点距離 560mm(896mm相当)、DPP4、トリミング)

写真を整理すると、今一歩だなと痛感します。その一歩足りないところがまた足を岩槻に向ける動機になります。
本当に最近はカワセミおじさんですよ。

Kazaguruma

コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 5

自転車親父

こんばんは。
魚を咥えて飛んでますね。
どうやって撮ったのか不思議です。
私は昨日はよさこいです。
悩んでいるのがAFですよ。
AF-Cで51点くらいで追うのが良いのか?
AF-Sで1点で撮るのが良いのかです。
AF-Cで撮る方の方が多いみたいなのですが。
某結婚式場の専属ブライダルカメラマンの方から教わったのはAF-Sで一枚ずつピント合わせをしなさいと言うことでした。
その方は一つの結婚式で多いと木は500枚ほどシャッターを切るそうです。
今のところはAF-Sの方で撮ってみてます。
by 自転車親父 (2017-09-04 21:51) 

自転車親父

訂正

多いと木→多い時
500枚→5,000枚
by 自転車親父 (2017-09-04 21:53) 

ベルママ

凄~い。
感激です。
何て書いたらいいのか分からないのですが、
素晴らしいの一言です。

>飛び込む水面が見えない位置だったのですが。飛び出したところを上手く拾えました。
良い写真ですね~。
by ベルママ (2017-09-04 22:13) 

風車倶楽部管理人

自転車親父さん こんばんは。

ソネット・ブログは投稿したコメントの訂正ができない仕様なので申し訳ありませんでした。
私は花や風景撮影ではONE SHOT AFで、スポット1点AFですが、カワセミの留まりは、AIサーボAFで、スポット1点AFにします。飛翔シーン、ダイブシーンは、AIサーボAFで、領域拡大AFかゾーンAFにしています。1.4×テレコンを装着すると、7D Mark IIではF8で中央しかAFが効かないので、スポット1点AFか小さな領域拡大AFしか選択できないのでそれで、AIサーボAFでカワセミを追っています。撮影中はファインダーを覗かずに照準器のスポットにカワセミを合わせるように追っていますので、ノートリミングの写真でカワセミが中央にいない場合はピントが合わない確率が高いことになります。中央からずれていても合焦している写真はたまたま合ったということになります。

ブライダルで5,000枚はすごいですね。甥っ子や姪っ子の結婚式でたくさん撮ったことがありますが、それでも500枚もいかないですよ。もちろん1枚ずつピント合わせはしましたが・・・。
by 風車倶楽部管理人 (2017-09-05 22:01) 

風車倶楽部管理人

ベルママさん ありがとうございます。

最後の2枚の写真は良い方ですが、最初の連続写真は完全に後追いになってますね。そういう意味で昨日のその1の飛び出し写真の方が自分でも良いフィーリングの写真です。

カワセミを撮り始めて9ヶ月目、岩槻で撮り始めて4ヶ月目ですが、機材にもここのカワセミにも慣れて、ポジショニングが良ければそこそこ撮れるようになってきたかなと思います。出来はまだまだですが。
by 風車倶楽部管理人 (2017-09-05 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。