So-net無料ブログ作成
検索選択

そもそも町並みが・・・ [カメラ・風景]

26日、京都で仕事だと前の記事で書きましたが、仕事が終わって帰るだけになってから、1時間、嵐山方面を歩いてきました。
ビジネスバッグにはサブの一眼レフ・EOS 60DとEF-S55-250mmを入れておいたのですが、天気が心配でした。
幸いにも曇り空でセーフでした。
嵐山駅で焼き草饅頭で腹ごしらえして、嵐山の渡月橋付近で少し撮影した後、目的地の常寂光寺、二尊院を目指しました。

kyoto_111932.jpgkyoto_111933.jpg

でも天龍寺、野々宮神社界隈は人混みがすごく抜けるのが大変でした。下の写真は天龍寺の門前です。

kyoto_111934.jpg

そして野々宮神社先の竹林の小路です。他の観光客が写らないように上の方を撮影しました。曇り空で、しかも夕方になりかけていますので、手持ちで手ぶれを抑えるのが大変でした。

kyoto_111935.jpg

外からでも紅葉がきれいなことがわかった大河内山荘の前を通り抜け(昨年、見ていますのでスルーしています)、常寂光寺への路を、トッロコの駅を横目に見て進みます。この界隈は普通の民家のカエデが色づいて本当にきれいでした。拝観料を支払わなくても、歩くだけで目の保養になります。京都はそもそも町並みが違うと改めて感じました。

kyoto_111936.jpgkyoto_111937.jpgkyoto_111938.jpgkyoto_111939.jpgkyoto_111940.jpg

常寂光寺、二尊院界隈も混んでましたが、天龍寺界隈ほどではありませんでした。しかし、常寂光寺の仁王門周辺は絶好の撮影ポイントで、カメラ片手の観光客が大勢いて、下の写真はトリミングしています。

kyoto_111941.jpg

寺の中は本当に紅葉だらけでした。嵐山を訪れる方はここまで足の伸ばすのも当然ですね。

kyoto_111942.jpgkyoto_111943.jpgkyoto_111944.jpgkyoto_111945.jpg

常寂光寺の出口を出て、この先行き止まりと書かれた小路にもこんな鮮やかな紅葉が・・・

kyoto_111946.jpg

二尊院です。ここは紅葉の馬場が有名なところです。

kyoto_111947.jpg
kyoto_111948.jpg
kyoto_111949.jpg
最後に大覚寺まで足を運びたかったのですが、指定席を取っていた新幹線に間に合わなくなるので、途中で諦めました。

二週連続で京都で紅葉撮影とは、本当によくやるよと思います。
今回の撮影は全てEOS 60D+EF-S55-250mm IS STM IIです。もう少し焦点距離の短いレンズを持って行けば良かったと後悔しています。

なお、これまでの記事の中で、USMをSTMと誤記していたものがありましたので修正しました。

11/30追記;11/26は雨で京都の紅葉撮影は無理かもと思い、60Dと軽いレンズしか持っていかなかったのですが、画質は悪くなかったと思います。腕(技術)の無さをレンズが多少助けてくれますが、ダブルズームキットで付いてきたEF-Sレンズでもかなり良い絵が撮れますね。竹林の小路や、常寂光寺までの路の紅葉の写真を改めて見ていてそう思いました。

Kazaguruma

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

菫

素晴らしい!たくさんの紅葉ですね~。
京都に行かれたのですね。
たくさんお写真を撮られたことでしょう。
整理もかなり大変だと思いますが、すぐに記事にアップされてそれもすごいなと思いました。

どのお寺もすばらしいですね~。
私も京都は大好きですよ。
数年前に主人と行きましたが、行きたいところを選別するのが大変でした。いろいろ行きたくなっちゃうんですよね~。
行ったところは、嵐山、詩仙堂、曼殊院、八坂神社、銀閣、そんな感じでしょうか。止まったのは駅前のホテルでした。
もっと行きたかったですが時間が足りないんですよね~(笑)
お寺も見たいのはもちろんなのですが、和紙のお店とか、いろんなお店も見たかったり、、、でもあまり見られませんでした。

風車さんは精力的に回られましたね。
ひとりだと自由がきいていいですよね(笑)
私も、次は一人旅をもくろんでいます^^
by 菫 (2014-12-01 18:35) 

風車倶楽部管理人

菫さん こちらにもコメントありがとうございます。

11月18、19日の京都で約660枚、26日の京都で130枚、そして11月22日に甥っ子の結婚式もあって、その時撮影したのが約600枚、これらをチェックしていたので実は大変でした。

私も詩仙堂と曼珠院は行きたかったところですが、回り切れませんでした。京都は行きたいと思う場所がいっぱいあって、私もいつも選定に悩みます。

一眼レフカメラに熱中するようになって、京都もいろいろと早足で歩き回わりましhたが、本当は妻といっしょの方がセーブが効いて良いくらいです。でも、妻の方が大変みたいです。手を引かれて連れ回されるので・・・(^^;)

拝観といってもほとんど紅葉しか見ていないので、国宝級や重文級の建物や品々などには目もくれないといった感じで、それで京都を本当に楽しんできたのかどうかですね。

その点、スピードをセーブしてくれる妻がいた方が紅葉以外の京都を楽しめたのではないかな?と思います。一人だと自由ではあるのですが・・・。
by 風車倶楽部管理人 (2014-12-01 23:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。